FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム作りで気をつけるべきこと

鉄拳風に「こういうプチゲームはダメじゃん」というのをいくつか。

・ゲームスタート直後にしっぱいが決まるプチゲーム
例えば、シューティングのプチゲームで開始1秒後に弾が飛んでくるとか。
ゲームに入っているプチゲームをごちゃまぜ状態にして遊ぶと、どれが該当するのかよく分かります。普段ごちゃまぜプレイしない人は2週間に1回でいいので試してください。

・どれをタッチするのか分からないプチゲーム
特定の物体をタッチしなきゃいけないのに、その物体が極めて目立たない画像になっているとか。
もちろん間違い探しゲームなど、どれをタッチするのかを当てさせるゲームの場合は問題ありません(限度がありますが)。

・どんなにがんばっても成功しない可能性があるプチゲーム
これは難易度のことを言っているのではありません。特にぶったいの初期位置がランダムになっているゲームなどで起こる現象で、ランダムパターンによってはどんなにうまく操作してもクリア不可能になるゲームを作ってしまうことがあります。
出荷前に納得いくまでプレイするか、すべてのパターンを頭のなかでシミュレーションして極力回避しましょう。



一番書きたかったのは「スタート直後にしっぱいするゲーム」で、後の二つは今アドリブで書いたものです。
大体これをクリアすれば理不尽ゲームと言われ低い評価をつけられることはなくなるかな…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わいんです。なるほど・・・その通りですね。

「ゲームスタート直後にしっぱいが決まるプチゲーム」
ありゃ・・・完全に私のプチゲームは、このパターンが多いです(汗)
なるほど・・・確かにゲーム自体が全く楽しめないゲームって
難易度どうこうの前に、プレイする方にとってみれば・・・
制作者のようなゲーム作成の苦労からくる愛着もないでしょうから
そく削除されてしまうんでしょうねぇ(汗)やはり、これまでのプチゲームがこのパターンになっていないか再度しっかり見直さなければ・・・と改めて考え直しました。
「どれをタッチするのか分からないプチゲーム」
ありゃりゃ・・・これも私にあてはまりますね・・・
やっぱり操作する自キャラに矢印つけるとか、方向ボタンを周りに
付けるとか工夫したほうがいいみたいですね(汗)
「どんなにがんばっても成功しない可能性があるプチゲーム」
あはは(苦笑)ここまでの全ての項目に当てはまってます、私の
現在のプチゲームは。これは、とくに演出にかなり凝ろうとして
AIをいろいろと複雑に作りすぎて起こってしますパターンですね。
私もバカゲーで、あれやこれやいろいろと演出を詰め込みすぎて
いざゲームすると・・・「クリアできないな・・・コレ・・・」って事よくあります。おっしゃる通り試しプレイをかなりして配信した方がいいかもしれませんね。もしバグありそうなら「試作」とか「改良中、バグあり今後改良します」とか書いておくのも遊ぶ方たちにとって親切かもしれないと思いました。大変参考になる内容ありがとうございました。これからさっそくこのパターンになっていないか、AI面を見直してみる予定です。また、コメントしますね(^-^)

Re: わいんです。なるほど・・・その通りですね。

> なるほど・・・確かにゲーム自体が全く楽しめないゲームって
> 難易度どうこうの前に、プレイする方にとってみれば・・・
> 制作者のようなゲーム作成の苦労からくる愛着もないでしょうから
> そく削除されてしまうんでしょうねぇ(汗)

「やられたけど、もう一度プレイして成功したい」という意欲が沸けばいいですが、初プレイ時にスタート直後失敗だとそういう意欲も沸かずに削除、ということになりかねません。よしみくんさんみたいに感想を書くためにプレイする人だったら成功するまで頑張るかもしれませんが、苦行以外の何物でもないな…。
FC2カウンター
プロフィール

SatoshiMcCloud

Author:SatoshiMcCloud
メイドイン俺ユーザーとして、考えさせられたことをちらほら書き綴るブログです。
ニコニコ動画のコミュニティ管理と減色ツール開発もやってます。
私のゲームで遊びたい人はこちらの記事
読んでください。

作ったもの倉庫
ニコニコミュニティ「メイドイン俺」
減色ツール「メイドインPC」
メイドイン俺音楽素材集

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
音楽素材掲示板情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。